鍵を失くしても慌てない【冷静な行動で危機を乗り切る】
鍵交換をして犯罪防止【技術力の高い業者を探す】
最新式の鍵を紹介します~鍵紛失の危険性を減らす~
子供に鍵を失くさない~意識改革の指導が大切~

鍵紛失を救う防犯性の高い鍵~最適な種類を選ぼう~

鍵交換検討中の方に必見情報

鍵紛失をすると、落とした鍵を使って空き巣が住宅に侵入する危険性があります。しかし、鍵交換の時に防犯性が高い種類を選ぶと、空き巣に狙われる可能性も少なくなります。また、鍵を持ち歩かなくていい種類も登場しています。

空き巣に狙われにくい鍵の特徴

鍵の一つに、ディンプルキーがあります。これは鍵の方向に関わらず解錠することが可能で、構造上ピッキングができなくなっています。空き巣の多くはピッキングによって侵入しているため、被害に遭うリスクが大幅に低くなります。

子供に鍵を持たせなくても良い種類

カードタイプ
文字通り鍵がカードタイプになっている種類です。差し込む、かざすといった方法で解錠でき、定期入れやカードケースに入れて持ち運べば紛失のリスクを減らせますが、子供に持たせる場合は破損させないように注意しましょう。
暗証番号
ボタンやテンキーで暗証番号を打ち込んで解錠する種類の鍵です。暗証番号さえ覚えていれば鍵を持ち歩く必要がなく、最近では一般の住宅でも需要が増えてきています。子供には、暗証番号を覚えられるように工夫しましょう。
生体認証
個人の指紋や静脈、顔を認識して解錠する種類です。暗証番号同様に鍵を持ち歩かなくてもよいというメリットがあります。他の鍵に比べて高額ですが防犯効果は抜群で、オートロック機能も搭載されているので閉め忘れの心配もありません。

まとめ

鍵紛失をしても、鍵交換をすることで犯罪防止になります。鍵の種類も暗証番号や生体認証など様々ありますが、それぞれメリットや注意する点があります。交換の際は比較しながら最適な鍵を選ぶように心掛けましょう。

TOPボタン