鍵を失くしても慌てない【冷静な行動で危機を乗り切る】
鍵交換をして犯罪防止【技術力の高い業者を探す】
最新式の鍵を紹介します~鍵紛失の危険性を減らす~
子供に鍵を失くさない~意識改革の指導が大切~

親子で一緒に鍵紛失対策【指導とグッズをうまく活用する】

子供に鍵を持たせるための心得

鍵交換を依頼するなら、子供が鍵紛失を繰り返さないような対策をするべきです。正しい鍵の取り扱い方を教えたり、鍵紛失を防止するグッズを使うなどすぐに実践できる方法はいくつかあるので、確認しておきましょう。

子供に鍵を持たせる場合

伸びるチェーンを付ける
受話器に付いているらせん状の線のような、伸びるチェーンがあります。先端に鍵を取り付けておけばランドセルの中に入れて保管できますし、解錠する際はチェーンを伸ばすだけで良いので、失くす可能性を低くすることができます。
子供専用のストラップを付ける
子供の鍵紛失を防止する専用のストラップがあるのですが、これを首からぶら下げておけば紛失の危険性は少なくなります。さらに、ストラップを服の中に入れておくことで盗難されることがなくなり、家の前で鍵を探す手間も省けます。

鍵を持たせるときの心得

子供が鍵紛失をするのは、鍵を失くすリスクを理解していないからです。そのため、空き巣や強盗など鍵を落とした場合に起こる犯罪の危険性を十分言って聞かせ、見せびらかすのを止めさせたり、大切に扱うように指導しましょう。

鍵を開けるときの注意点

  • 鍵を開ける前に周囲を見渡し、怪しい人物が付いてきていないかを確認する。
  • 玄関でもたつかないように事前に鍵を準備しておき、探す手間を省くようにする。
  • 自宅に誰もいない場合でも、あえて大きな声で「ただいま」を言うようにする。
  • 素早く鍵を開けてすぐに閉めるようにする。
  • 鍵だけではなく、同時にチェーンロックをする。

まとめ

子供に指導をする、開け閉めを慎重に行なうといった行動が鍵紛失や犯罪防止に繋がります。鍵交換後も油断せずに実践しましょう。

TOPボタン